美女と野獣

20090322213637.jpg

カオリちゃんのCD♪




今日は440行ったよ
突然メールをもらって
高畠俊太郎さんのヘッドライン。
お花を持って行ったよ。

よかった。
ライブ。
とても。

俊太郎さんとは4/7に一緒にやらせてもらいます。

ここ最近、俊太郎さんのCD聴いてて、、、

昨日メールしたの

「○○唄いたい!!」

その日は俊太郎さんの曲、、
1曲カバーするね。

人の曲を、、、しかも、、その本人の前で
唄うのは、気合の入り方が別物。

だって、命だからね
表現者にとって、、それ(曲)は。

ハンパな気持ちじゃ失礼よ。
当然だけど。


今日440で思い出してた

ヒートウェーブの山口さんの前で
ヒートウェーブの
「エスポアール」を唄った時の事。


うれしい事に、後から、山口さんに
「よかったよ。あれからは、俺も唄ってるよ」
って言ってもらえたり
カオリちゃんや友達であり、ヒートウェーブのファンである
伊藤さん とかに、、
「えがったえがった♪」
言ってもらえて、、ほぉぉぉっ☆(^^)てなった。(案外単純)

カオリちゃんには
山口さんにお願いして
これからも唄わせて貰いなよ♪

って言われた


でも!!


もう、、、あの曲は


唄えません。



唄えるけど
あの日以上の唄をうたう自信がないの。




すべて出し切った。


(笑)


それがライブというものよ。




 「エスポアールが咲かせた花を
  いつか君に届けに行こう
 
  エスポアールの花の光を
  いつか誰かに伝えに行こう

  ありがとう 愛 I love you」



一瞬一瞬の情景を心に映し出して
表現して。。。



少し、山口さんとは表現が違うかもしれないけど
(性別も違うし)


「花」

 の

そして

「心」

 の


繊細さや儚さ、もろさ、みたいなものも表現したつもり。



あれはもう出来ない


というか、、出来ても今度はまた別なモノになると思もう。




だからあの日限りだったのよ

エスポアールは。


素晴らしい瞬間でした。


音楽というものと
言葉というものと
山口さんに感謝。



俊太郎さんの曲は
どう表現しようかな。

どう入り込んで行こうかな

潜り込もうかな。

楽しみぃぃぃ。






Calendar
<< September 2019 >>
SunMonTueWedThuFriSat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930
search this site.
archives
others

admin